【おまけ付】 L はっ水 生まれのブランドで トリアセサテンストレッチコート SANYO エルサイズ SIZE サンヨー

【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート SANYO L SIZE (サンヨー エルサイズ)

L はっ水 生まれのブランドで トリアセサテンストレッチコート SANYO エルサイズ SIZE サンヨー (サンヨー,エルサイズ),SIZE,アウター , その他のコート,【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート,SANYO,/crustosis392480.html,L,8939円,columbiagamblingdisordersclinic.org L はっ水 生まれのブランドで トリアセサテンストレッチコート SANYO エルサイズ SIZE サンヨー (サンヨー,エルサイズ),SIZE,アウター , その他のコート,【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート,SANYO,/crustosis392480.html,L,8939円,columbiagamblingdisordersclinic.org 8939円 【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート SANYO L SIZE (サンヨー エルサイズ) アウター その他のコート 8939円 【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート SANYO L SIZE (サンヨー エルサイズ) アウター その他のコート

8939円

【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート SANYO L SIZE (サンヨー エルサイズ)



















【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート

こちらの商品はラージサイズです。
オープンカラーのシングルブレストコートです。エレガントかつ、洗練されたしなやかさと光沢をもつ素材を使用しています。素材感を活かしたベーシックなデザインなのでお仕事やきれい目カジュアルまでこなせるコートに仕上がっています。
タテ糸75デニールのトリアセテート100%の強撚糸、ヨコ糸ポリエステルのストレッチヤーンを使用しています。交織にすることでトリアセテートのドライ感とドレープ性、ストレッチヤーンの膨らみ感を出したきれい目素材です。

ラージサイズならではの悩みに応えるパターンメイキングで、すっきりと着て頂けます。
■44サイズ→13号、46サイズ→15号が目安です。

【着用推奨シーズン】春~秋

モデル(下部ディテール画像):H 165 B 75 W 58 H 84 着用サイズ: 38

SIZE
44:着丈78.5cm 肩幅42cm バスト110cm 袖丈62cm 裄丈82.5cm 重量555g
46:着丈80cm 肩幅42.5cm バスト114cm 袖丈62.5cm 裄丈83.5cm 重量575g
※記載の寸法は、商品をメジャーで採寸した実寸のため、商品タグ等に記載のサイズとは異なります。
メーカー品番:
U3A02306--
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください
商品番号:
502959445
素材:
表地 トリアセテート58% ポリエステル42% 裏地 ポリエステル 複合繊維(ポリエステル)
原産国:
ベトナム製

【L】【はっ水】トリアセサテンストレッチコート SANYO L SIZE (サンヨー エルサイズ)

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.