テレックス Xploric レインジャケット Terrex adidas Rain アディダス 絶対一番安い 送料0円 Jacket

テレックス Xploric レインジャケット / Terrex Xploric Rain Jacket adidas (アディダス)

4950円,columbiagamblingdisordersclinic.org,(アディダス),テレックス,Rain,adidas,アウター , ブルゾン,Xploric,レインジャケット,/,Jacket,Xploric,Terrex,/antisupernaturalism392830.html テレックス Xploric レインジャケット Terrex adidas Rain アディダス 絶対一番安い Jacket 4950円,columbiagamblingdisordersclinic.org,(アディダス),テレックス,Rain,adidas,アウター , ブルゾン,Xploric,レインジャケット,/,Jacket,Xploric,Terrex,/antisupernaturalism392830.html 4950円 テレックス Xploric レインジャケット / Terrex Xploric Rain Jacket adidas (アディダス) アウター ブルゾン テレックス Xploric レインジャケット Terrex adidas Rain アディダス 絶対一番安い Jacket 4950円 テレックス Xploric レインジャケット / Terrex Xploric Rain Jacket adidas (アディダス) アウター ブルゾン

4950円

テレックス Xploric レインジャケット / Terrex Xploric Rain Jacket adidas (アディダス)












【アディダス公式ショップ】
・悪天候に強い、軽い着心地のハイテクレインジャケット。
・悪天候と思うのは、自分の心構え次第。このadidas テレックス Xploricレインジャケットは、衣服内を暖かくドライな状態に保ってくれる優れもの。ほとんどの人が屋内で過ごしたくなる天候でも、その3層になった軽い生地の構造が通気性、耐久性、防水性を発揮。さらに、持ち物を取り出しやすく、安全にしまっておける機能的なポケットを備えている。ハイテク機能を搭載したこの進化系スタイルは、アウトドアにふさわしい全天候型の一着。前開きのダブルジップで通気や体温を即座にコントロール。RAIN. RDY が外からの水の侵入をシャットアウトしてくれるから、どんなアウトドアミッションでもドライな着心地を保ってくれる。
・ダブルジップを備えた立ち襟
・防水性ナイロン100%(平織り)
・耐久性に優れた素材
・サイドジップポケット / 内側にポケット
・フラップとサイドジップの付いたフロントポケット / フック付きフロントポケット
・ウェビング使いのオーガナイザー / 大きな長方形のジップポケット
・バイザー付きの調節可能なフード
・裾はコードで調節可能 / 袖口には面ファスナー付き

メーカー基準サイズ
サイズ バスト ウエスト ヒップ 身長
S 78-82 - - 152-158
M 81-85 - - 157-163
L 84-88 - - 162-168
XL 87-91 - - 167-173
メーカー品番:
GI7174
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください
商品番号:
503906214
素材:
本体:ナイロン100%
原産国:
インドネシア

テレックス Xploric レインジャケット / Terrex Xploric Rain Jacket adidas (アディダス)

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.